ブルーベリーで疲労回復|酷使した目に栄養を与える

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活習慣病との関わり

錠剤

血液に含まれるもの

ヘモグロビンa1cは、一般に生活を送っていく上ではあまり聞かない言葉です。血液検査を受ける機会がある方は、HbA1cと言う表記を見たことがあるでしょう。この数値が高い場合、糖尿病が疑われることになります。ヘモグロビンa1cはグリコヘモグロビンとも言われます。グリコヘモグロビンとは、赤血球の中にあるタンパク質と糖分が結びついたものです。つまり糖分が血液の中に多いためタンパク質と結びつきやすく、結果的にヘモグロビンa1cが増えるという図式が成り立つのです。健康診断でこの数値が高い時には、余分な糖分を取りすぎているということですので注意が必要になります。生活を見直すだけでも数値は変化しますので、気をつけていきましょう。

血糖の状態がわかる

ヘモグロビンa1cは、一時的な血糖値だけではなく長期間の平均値を出す上で役に立っている物質です。赤血球にはおおよそ4ヶ月の寿命があるため、ヘモグロビンa1cが増えているということはこの寿命が来る前に赤血球のタンパク質と糖分が結合したということになります。基本的にヘモグロビンa1cの数値は、過去1ヶ月から2ヶ月程度どのくらいの血糖値だったのかという平均を知ることができるので、一時的な血糖値を調べるよりも多くのことを知ることができるのです。炭水化物は糖分ですので、これらの食品を食べる回数を少なくすることによってヘモグロビンa1cの数値を下げることは可能です。少し気になる程度の方であれば、糖質の摂取を減らすことで改善していくことができます。